ぼくのーと

目標は小さく、夢はぼんやり、ひきこもり気味おばさんの日記

1週間、テニスのラケットを持たない…というのはどうだろう

 8月も、もう終わりますが、今月は、ずっとテニスをしていたような気がします。週に1回のスクールのレッスンに加えて、スクールのイベントや、サークルの練習。天気の悪い日も多かったけど、その合間を縫うようにして、壁打ちの練習にもいきました。
 「はあ」。
 思わずため息が出てしまいます。さすがに疲れたなあ。誕生日も来て、50歳に近づいて、体力もなくなってきたのかもしれません。それに、スクールやサークルで、人に会う気疲れ。この年齢になって、人見知りだとか言ってはいられないのだけれど、やっぱり苦手です。
 壁打ち練習やスクールのコーチとラリーしているときが、気を使わないし、思い切り体を動かせるので、今、一番楽しい時間です。でも、それだけじゃ、テニスをやってるってことにはならないんだろうなあ。
 「テニスはひとりではできないスポーツ」。スクールのコーチがよく言う言葉です。
 さて、これからどうしようかな、テニス。