読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのーと

目標は小さく、夢はぼんやり、ひきこもり気味おばさんの日記

うまくいきますように

 「アウトが怖くてラケットを振りきれない場合は、グリップを厚くするといい」とどこかで、読んだ。  そもそも、スクールでは、ストロークのときはウエスタングリップの方がいいと教わった。それに倣っていたつもりだったのに、この間、フォアハンドの手元を見たら、セミウエスタンぐらいの握りになっていた。  きょうの壁打ち練習で、グリップを厚くしたウエスタングリップを試してみた。驚くほどの、違和感。本当に前はこの握りで打てていたのだろうか。腕が不自然な方向にぐりぐりと曲がってしまいそうだ。ラケットを振りきるのが怖いくらい。  この違和感を避けるために、少しずつ握り方が薄くなっていったのかもしれない。振りやすいように握り方を無意識に変えていったようだ。  だとすれば、アウトしないように返球するためには、どうすればいいのだろうか。実は、一つ思いついたことがある。次にコートで練習できるときにやってみようと思っている。

ランキングに参加しています!→ 「にほんブログ村 初心者テニスプレーヤー」「人気ブログランキングへ