読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのーと

目標は小さく、夢はぼんやり、ひきこもり気味おばさんの日記

 中山可穂さんの「男役」、読み終えた。
 宝塚のお話。
 濃い。人間関係がわたしには、濃すぎる。好きな人、あこがれの人、家族、同期生など、相手に対する思いが、熱烈だ。わたしは、とうていこういう世界では生きていけない。小説を読んだだけで、切なくなり、辛くなり、体が重くなる。
 でも、それだけ、このお話に引き込まれたってことだ。男役のお話なのに、強烈な女らしさを感じる。それは、心の強さなのかな。わたしには、ないものだから、小説の中の人たちの人間関係や思いが、濃すぎると感じるのだろう。心が強くないと、強くならないと、このお話の中では生きていけない気がした。
 実際の宝塚歌劇団にも、ちょっと興味が出てきた。機会があれば、一度、見てみたい。

 読み終えて、次に読む本を探していたら、「娘役」という本が出ているのを見つけてしまった。図書館にもあるようなので、予約した。中山可穂さんの小説が、どうも気になってしまう。

 

ランキングに参加しています→「<a href="http://blog.with2.net/link.php?1862042">人気ブログランキングへ</a>」

 

 

男役

男役

 

 

 

娘役

娘役

 

 

 

降参する

 見える日もあるし、見えない日もある。
 とうとうやってきたようだ、わたしにも。
 明るいところだと見えるけど、少し暗くなると見えにくくなる。
 なぞなぞでも、霊感の話でもない。
 やってきたのは、老眼である。
 スーパーに買いものに行って、食品の裏書を見続けていたら、気持ち悪くなってしまった。部屋の明かりを付けるのが早くなった。前は、暗くなっていくのも気にせずに、本を読んだり、パソコンを使ったりできたのに。
 見えたはずの小さな文字が読めない。焦点を合わせるのに時間が掛かる。思い切って、見たいものを遠ざけると、はっきり字が読めることがある。
 あ~あ、もう、諦めて、対処すべきだな。
 なんとなくそうじゃないかなあと思いながら、2年くらいたった。眼鏡を買おう。眼鏡を買ってみよう。
 眼鏡をかけたら、「なあんだ、見えるじゃないか」って、気持ちが楽になるかもしれない。無駄な抵抗をせずに、老化を一つ受け入れよう。

 

ランキングに参加しています→「人気ブログランキングへ

 

 

 

 

悩むおばさん、きょうも走る

 気分も体調も悪くないのに、なぜかスピードを上げられなかったジョギング。気づかない疲労がたまっているのかもしれないなあ。体は正直ってことなのか。
 来月、トレイルのレースに出る予定なのだけど、完走できるかどうか心配になってきた。テニスにかまけて、走ることはサボり気味。体力を維持するためにも、ジョギングは続けたいのだけど。テニスもがんばりたい。このごろ、ひきこもり気味おばさんは、欲張りになってきたぞ。大丈夫なのか?我ながら心配である。あっ、また「心配」してる。体力の疲労ではなく、心労で、潰れてしまうかも。
 きょう、走りながら考えていたこと。テニススクールの「レベルアップレッスン」とやらに、申し込むかどうか。1ヶ月以上も先のレッスンだけど、参加したい気持ちは大いにある。でも、次の日が、ハーフマラソンなのだ。レッスンは、4時間。ハーフを走りきる体力が次の日までに回復するだろうか。どうしようかなあ。

ランキングに参加しています!→ 「にほんブログ村 初心者テニスプレーヤー」「人気ブログランキングへ

テニスのサーブって、どんな感じ?

 思案中のテニスのサーブ。
 コーチには、「ボールを投げるように」と言われたような気がするし、「バレーボールのアタックをするように」と言われたような気もするし。
 体を捻る動作があるのは似ているような気もするけど、わたしのイメージでは、別の動きのような気がするし。
 きのう、布団に入ってから、「ボールを投げるように」と「アタックをするように」の動きを交互に、頭の中で想像してみた。結局、どっちがいいのか分からず、気づいたら朝になっていた。
 朝食を食べた後、布団を片付けながら、ふと思いついた。「ボールを投げるように」と「アタックをするように」を合体させたらどうなるのだろうか。うまく行きそうな気がするけど。
 きょうのスクールレッスンの中で、サーブの機会があったら、試してみよう。
 「ボールを投げるように」でも「アタックをするように」でもなく、「テニスのサーブ」ができるようになりたいのだよ、ホントはね。

 

ランキングに参加しています!→ 「にほんブログ村 初心者テニスプレーヤー」「人気ブログランキングへ

追い出されるのが先かも

 考えてみれば、ものすごく贅沢なことだ。
 2回目の参加となったテニスサークルの話。わたしなんかより数段も上手な人たちと練習とゲームをさせてもらえている。
 ダブルスのゲームを3時間以上も練習できた。下手なわたしは、みなさんの邪魔になっているはずなのに、文句も言わずに一緒に練習してもらえるなんて、嬉しい限り。周りがみんな上手なので、ラリーが続いたり、思いがけないボールが飛んできたりして、楽しいのだ。
 何にもできず、コートの中で、うろちょろしてばかりのわたし。スクールで感じるのとは違う敗北感というか自分のダメさ加減を多分に感じる。
 コーチがいないので、どうすればいいのか教えてはもらえないが、他の人のプレーを見て、見習おうと思うところはたくさんみつけた。
 その中から、次の目標を決めました。ボールを浮かさないこと。
 少しでもうまくなって、サークルの他の人たちにかける迷惑を少しだけでも減らしたいなあ。

 

ランキングに参加しています!→ 「にほんブログ村 初心者テニスプレーヤー」「人気ブログランキングへ

ふと思いつく

 ふと思いついて、あるものを編み始めた。出来上がったら、写真に撮って、このブログに載せよう。途中で断念したら、それまで。
 ふと思いついたといえば、ブログをWordPressからはてなに移行すること。この記事もはてなのほうに投稿する予定。
 ドメインもわざわざ取得して、WordPressでブログを書いていたのだけれど、何をどうしたいのか分からなくなってしまった。しばらくは、無料サービスでブログを書き続けたいと思う。有料サービスを利用するかどうかは、しばらく考えてみることにする。
 いろんなことが中途半端になっていて、落ち着かない。しょうがないんだけどさ、慌ててもしょうがないよ。一つ一つ、片付けていくしかないよね。
 こんな気持ちを吹き飛ばすべく、あしたはテニスだ! サークルのゲーム練習だ。サークルに参加するのは2回目で、2週間ほど経過しているので、忘れられている可能性があって、心配。でも、楽しみ。

うまくいかない日もある、と思いたい

 きょう(0時を過ぎたので、きのう)は、テニススクールの日だった。うまくいかないことが多すぎて、悲しくなった。まともに、返球することができない。どんどん、下手になっている、絶対に。
 猛烈に悔しくて、もっと練習したいと思うけど、今すぐにできることがなくて、もっと、悲しくなった。布団に入って、目をつぶると、ラケットにまともに当たらないプレーのあれこれが、浮かんでくる。眠れない。
 はあ~。ため息をつくことしかできなくて、さらに悲しくなった。来週までに、なんとかやる気を取り戻したい。
 
 悲しい気持ちを紛らわそうと、本を読む。「サラバ!」の下巻。小説の中の登場人物、歩とは、似ても似つかない人生だけど、なんとなく重なるところがあったりして、ちょっと感動した。
 「あなたは、あなたの信じるものを見つけてほしい。」のところに線を引きたくなったが、図書館の本なので、思いとどまり、ここにメモしておくことにする。

 

サラバ! 上

サラバ! 上

 

 

 

サラバ! 下

サラバ! 下